ロードバイクはじめました

四国は愛媛県を走るこんたろーのロードバイク初心者日記

ヒロさん企画の走行会に参加して来た

チームライドに普段参加してるけど、たまには外の刺激を受けるべきと思っていて積極的に他チームの練習会やショップの走行会には参加しようと思っている。

 

今回は第2回グランドクロスで4戦4勝の初代ピークゴリラことヒロさんの企画ライド。三坂峠、久万高原ヒルクライムコース、黒森峠と三つのヒルクライムを楽しむ160kmで3000弱登るコース。

 

ほんとうは別の予定を入れていたがこんな面白そうなライド行くしかねぇ!と即キャンセル。市内で剛脚の方々にお誘いを入れたがGWは家族サービスもあり難しい様子。そんな中アマチョさん(石鎚山ヒルクライム年代別2位)から行けると返答あり。2人で松山に乗り込む事に♪( ´▽`)

 

前日、今回参加出来なかったyukさんより爪痕を残してこいとのオーダー。区間では隙あらばアタックをしかけていく。友好を深めに来たのではなく、あくまで勝ちに拘りたい。

f:id:kontaro0321:20180430162627p:image

 

■第1の坂 三坂峠

今回のライド参加者はヒロさん、ノモトさん、フジワラさん、アマチョさん、自分の5名。スタートして早々に三坂の峠。7km以上はあるかなー35分くらいのコースかなーとざっくりコース説明を聞いてスタート。アマチョさんから、初見だから様子見るけどコンくん遅かったら遠慮なく抜くからね!と発破をかけられる。290wくらいで4.5km進んだあたりでアマチョさんのアタックが炸裂。反応したがオーバーペースで来てるのもあってツキイチまで行けず脱落。ヒロさんが徐々につめていき最後はスプリント対決となったらしい。その頃自分はフジワラさんと抜いて抜かれてを繰り返していた。結局12kmくらいのコースだった。なので残り5kmは大タレ。恥ずかしいタイムを残してるので塗り替えに行かねば。。。

 

■第2の坂 久万高原ヒルクライムコース

途中休憩を挟んでパンを食べたりしつつスタート地点へ到着。序盤はヒロさんと一緒に先行する。思いのほか坂が緩い。むしろ下りが多い。アマチョさんは様子見で後方でペースを守っている。中盤登りが本格化してくるあたりでヒロさんとの間に差が生まれ自分が遅れはじめる。8km地点のスキー場駐車場でアマチョさんに追いつかれドッキング。後ろにつかせてもらうが登りながらダンシングでガキンガキンギアを上げて行くのでリアル真波くんかよ!と笑ってしまった。腰を痛めててシッティングができなくてギアをあげながらダンシングするしかなかったとの本人談。早々に遅れてしまう。結果ヒロさんは逃げ切り一位。

f:id:kontaro0321:20180430084501j:image

 

f:id:kontaro0321:20180430084508j:image

頂上は森林限界を超える標高のため絶景。風も気持ちいいし、また来たいと思った。

 

 

 登った後には必ずついてくる下り。斜度キツいし砂浮いてるし、対向車来るしでバッチリ正面衝突の危機があった。あ、死んだわと思ったがギリギリ止まれた。砂で跳ねてブレーキ効かなくてコーナーで飛びそうになったりで下り恐怖症再発。。。極め付けはカナブンがおでこにヒットして悶絶。

道の駅みかわまで平地をヒロさんとアマチョさんが先頭を牽いたんだがアマチョさんの牽きが強すぎて平地で千切れそうになる。悪魔的な牽き。

 

■昼食

道の駅みかわで昼食。皆疲れが目立つw胃袋は特に飯を欲してないが唐揚げ定食大盛りを注文。途中でアスファルトに戻さないように気をつけねば。我々が大盛りを注文したせいで白飯が売り切れた様子w

f:id:kontaro0321:20180430083854j:image

 

f:id:kontaro0321:20180430083859j:image

この人、FTP308wで体重60kgやから余裕でPWR5.0超えらしい。体脂肪率は常に一桁。まさにフィジカルモンスター。ロード始めて半年経たずに石鎚山1時間切りを達成した自分はなかなかやる方だと思っていたがwアマチョさんは同じ頃で8位に入ってるし、2年目には表彰台に上がってるし、自分の蛙っぷりを感じた。

 

 

■第3の坂 黒森峠

正直二つ目の坂までで脚は終わってて、DNFしたいと思い始めてたwでも黒森は下りメインですよと言われてたので騙し騙し走る。ところが直前にノモトさんが調べると13kmで500m程度の登りだとか。。。ここは誰も仕掛けないようにと念を押して登りはじめる。が!しかし。気付くと先頭交代をしながらペースがあがる。これはマズイとペースダウンを呼びかける。少し下りを挟んで登り始めたところでローディ集団を発見。右から追い抜くも数名の方がご一緒させてくださいとのことで一緒に走る。ここでペースを忘れた自分がアタック気味に出てしまう。大阪から来たミナミさんは余裕の表情で並走。後ろを振り返るとアマチョさんは話と違うぞって顔でぴったりついてくる。

砂利道とかあったりで集中力が切れて最後はミナミさんが逃げ、アマチョさんが追う。アマチョさんもう絞りカスや言うてたのに、ほんまスタミナお化け過ぎるやろ、と見送りながら思ってた。結果はアマチョさんと20秒差でゴール。

 

■スタート地点まで延々と

延々と重信川沿いのサイクリングロードを走る。ヒロさんは脚が回ってるので延々40km前後ペース。ツキイチならなんとかなるが一旦離れると脚がからっきしで追いつかない。後方のアマチョさんがあっさりブリッジしてヒロさんとジョイント。こうなると独走はまったく敵わない。そのまま坊ちゃんスタジアム到着し終了。。。

 

■総括

普段なら290wで30分はギリギリ行けるラインなんだが三坂での脚パンから最後まで踏めなかった。2日回復に達してサラ脚にはしてきたけど筋肉系への休みは足りてないのか。走りながらずっと自問自答してたのは、踏めないのか?それとも踏まないのか?という事。心肺は落ち着いてても脚が踏み込めないというのはなんとももどかしい。まだまだこのレベルで走れるまでに達していないなと痛感した一日。