ロードバイクはじめました

四国は愛媛県を走るこんたろーのロードバイク初心者日記

機材インプレ ~レーシングゼロコンペティオーネ~

ホイールを変える前にエンジンを鍛えろ!と言ってた私だが舌も乾かぬうちにホイールを買った。キシエリのスポークが折れたのをキッカケに買い替えを意識してしまったら勢いは止まらなかった。

f:id:kontaro0321:20180514104315j:image

数多の候補の中から選ばれたのはレーゼロ

このタイミングで変えるのだからキシエリよりもパワーアップしておきたいというのが本音。しかも中途半端なアップグレードだと後々買い替えたくなるから振り切りたい。そこでまずいちばん始めにカーボンなのかアルミなのかで悩む。これは今距離を乗り込むトレーニングをしてる事もありカーボンを使うのは勿体ないと断念。アルミで検討することに。次にアルミと言えば候補は絞られて、シマノ、マビック、カンパニョーロ、フルクラムの4つだろう。シマノとカンパは横剛性が弱いと聞くので却下した。デザインはカンパニョーロが一番なんだがw

マビックのコスカボやR sysなんかは最有力候補だったが、硬い硬いと噂のレーゼロが半年くらい前から憧れだったこともあり今回はレーゼロにしようと。しかもどうせならcultハブにしておけばアルミリムホイールでは最高クラスなので買い替えを検討したくもならないという算段。

 

目的に応じたホイール選択を

レーゼロを選んだのは平坦の巡航速度維持、かかりの良さ、横剛性の高さで高速巡行時も安定感が生まれると思ったからだ。トレードオフに疲れやすいとか突き上げがとか色々あるがロングライドをしない私には特に関係ない。ヒルクライムにおいてホイール重量が1510gあり先代のキシエリ(ナローリム)よりは10g程度しか減らないがダンシングの時に撓ってロスしてたように感じてたので剛性があればきっと推進力も上がるだろう。

 

GW含め走り回ってみて感じた事

重いwリム重量増によるものや25cのワイド化も影響しているだろうが、質量的な事より反力の大きさが要因だと思っている。スルスル回す系の印象だったキシエリと比較して一漕ぎのパワーは大目に必要だと感じる。悪く言えばもっさり感。特にゼロスタートとヒルクライムでは顕著だ。ドラクエ風に言えば今まで鉄の槍を装備してたのが鉄の斧になった感じw入力から推進力への変換に雑味がなくて力をいれると応えてくれるそういうホイールだ。体重が軽いピュアクライマータイプの人は俄然マビックをオススメしたいが、ゴリゴリ踏みたい人はレーゼロが楽しい(速いとは言ってないw)

逆に巡航速度に乗ってからは慣性とハブのおかげで速度減衰は少ない。25cの安定感もあって平坦や下りはノンストレス。

 

結論レーゼロとは

ホイールを色々穿き比べたわけじゃないから比較はキシエリのみだ。でもこの一週間足らずで完全に惚れ込んでこれしか穿きたくないとすら思ってしまった。キシエリより速くなったかどうかと言えば答えは曖昧だ。極端に機材で速くなる感触はない。ギアが一枚余ってたとかそんなよくあるインプレみたいな感じはしないw

ただ、このホイールはダンシングにしてもシッティングにしても効率よく適切に入力をしないといけないところがキシエリとの大きな違い。適当に踏んだり、苦し紛れのダンシングしたり、脚を極端に休ませようとすれば一切応えないホイールだなと思う。言い換えれば乗り手を成長させるホイールと言って良いのかもしれない。

 

キシリウムエリートS(前後重量1520g)

漕ぎ出し  :★★★☆☆

加速    :★★☆☆☆

高速巡航  :★★☆☆☆

ヒルクライム:★★★☆☆

ロングライド:★★★★★

f:id:kontaro0321:20180514104433j:image

 

レーシングゼロ コンペティオーネ(前後重量1510g)

漕ぎ出し  :★☆☆☆☆

加速    :★★★☆☆

高速巡航  :★★★★☆

ヒルクライム:★★☆☆☆

ロングライド:★★☆☆☆

f:id:kontaro0321:20180514104349j:image