ロードバイクはじめました

四国は愛媛県を走るこんたろーのロードバイク初心者日記

突然もう自転車に乗れなくなったら

今朝、何気なく更新されたブログを読んで回っていたら衝撃的な内容が。。。

rbrb.hateblo.jp

今年に入って自分も同じような状況で落車をしていて、同年代、家族持ち、諸々と共通点があってついつい感情移入してしまう。(圧倒的に違うのはmogさんの戦闘力は自分とくらべものにならない点)

 

詳細はmogさんのブログで見て皆に色々と感じてほしい。加えてmogさんの回復といつか競技復帰できる事を切に願ってる。

 

それに便乗して自分の落車の件もちゃんとまとめておこうと思う。

Twitterなんかではとりあえず落車した事と、その後の事については周囲の方々へ取り急ぎ伝えたものの何がどうなってというのは詳細に書いてなかったので自戒も込めて。

 

今回の落車の原因はトレインの先頭を走る仲間の後輪と自分の前輪がハスった為起きた。これは夜走っていたからとか、高速で走っていたからではなくて、グループで走っていれば誰にでも起きうる。

 

ラストスプリントに入る区間で先頭は少し疲れたのと、早く先頭交代をしたいという動きが見られた。本来であればそこで先頭に出るべきだったが、スプリント前に脚を温存しておきたいという欲が出てホイール同士をかぶせる形で速度を緩めていた。

後ろから誰か飛び出せばそこに飛び乗るつもりでの動きだったが前方への注意力が散漫になっていたようだ。記憶は結構鮮明でハスる瞬間タイヤを見てた。で、ハスったと思った瞬間ハンドルをコントロールしなければと思ったが思いのほか反動が強く一瞬で反対車線まで投げ出され、視界にアスファルトが飛び込んできた。左側頭部に衝撃が来ると身構えたがかなりの勢いでアスファルトに叩きつけられた。でもまあ頭が叩きつけられるのは初めてじゃないしなんとなく想像がついてた。

 

後ろから仲間の声が聞こえて「大丈夫か!?」と叫んでいた。意識ははっきりしていたが返事の声はうまく出なかった。早く車体を回収して歩道に避難しないとと思ってバイクを持ち上げる。そのまま自分で歩いて歩道へ。

まあ先ずは座れと即されて座る。左側頭部の衝撃具合を確かめようとヘルメットを脱ぐと中の発泡スチロール部分が割れていた。各所に小さいヒビが入っている。かぶっていなかったらと思うとゾッとする。

f:id:kontaro0321:20190204170028j:image

f:id:kontaro0321:20190204170059j:image

 

仲間にライトで顔を照らされ、気持ち悪くないか聞かれる。徐々に脳震盪のグラグラ感が来た。顔色が悪いと言われたがそれはライトで照らされて色が飛んだだけだろう。

車体の状態を確かめるとSTI、ステムがずれている。アーレンキーさえあれば調整可能なレベル。ホイールを回しても大きなフレは確認できない。チェーンは落ちていたが戻せば変速も問題ないようだった。

 

脳震盪も落ち着いてきたので自走で帰ろうと思ったが、病院に行くべきと強く勧められた。で自走も危険なので救急車を呼ぶことに。

 

救急車で運ばれるときに懸念されるのはバイクをどうするかだ。鍵があれば近くに一時的において置き後で回収に来るとなるが鍵は持ち歩いていない。

皆がいったん帰って車を持ってこようかと言ってくれたが話がまとまらないまま救急車へ。救急隊員の方の粋な計らいでホイール外せるならロードバイクも積んでいこうか?となりお言葉に甘える事に。皆には帰ってもらい、落ち着いたら状況を報告する事にした。

 

ただ病院へは誰かに来てもらわないといけないので嫁に電話をした。生後半年の次女のごはんを済ませ寝るところだった。長女はしっかりしているが二人を連れて迎えに来てくれというのはだいぶしんどいなと思った。とりあえず落車した事と病院に搬送されている事だけ伝えた。

次に実家にかけた。母ちゃんは風邪で寝込んでいるとの事で弟にそのまま電話したが不通。さてさてどうしようと思ったら母ちゃんから再度電話があり、弟が帰ってきたので向かわせるとの事。助かる。

病院ではCTを取り、肘の腫れはレントゲンを進められたが痛みはないと辞退(後にヒビが入っていた事が判明)。問診を受け待機。親族が到着したら同席で説明を行うとの事。


そうこうしてたら嫁から保険証とお金を託された弟はかなりムクれた感じで病院に現れた。これからアイドルのDVDを見ようと思っていたのに邪魔をされたと言っていたw

弟の機嫌が悪い時は好きな事をしゃべらせておくに限る。どうでもいいアイドルの話を帰りの車中ずっと聞かされた。こいつは一生結婚しないだろう。

お医者さんの話は、CTで脳に異常なし、骨も血種もなし。あとは擦過傷と打撲。頭は怖いので48時間は経過を見て異常があれば病院へとの事。その時はどこも痛くないし、腕も首も全然動いたが、翌日以降全く動かなくなった。

2日ほどで徐々に回復したが当日はアドレナリンだかのせいで痛みを感じないってのは事実なんやなーと実感。頭痛はあったものの、ジャージをはぎ取られた状態で待機してたので寒かったわけで、それで風邪っぽくなったんじゃないかと思っている。。。

 

そんなこんなで帰宅。夜練のメンバーに無事を伝え就寝。長い一日だった。

 

後日談だが、だれが迎えに行くかを実家で話し合っているときに母ちゃんが嫁にこんな騒ぎ起こして、キツく怒らないといけないよって言ったらしい。嫁は本人が一番わかっている事なので、とだけ言い、自分には何も言ってこなかった。母ちゃんから聞かされた時に危うく泣くところだった。

 

ツラツラ書いたが、この趣味はいつでも命に係わる事故を起こせるものだし、一瞬の不注意からまた乗る事ができなくなるかもしれない。そういう事がないように今一度気持ちを引き締めて、健康で長く楽しめるようにしていきたい。そう思った朝だった。

 

 

 

人生初めてのフィッティングを受けてきた

f:id:kontaro0321:20180109132237j:plain



自分の周りにも最近になって突然リトゥールを受けたって人が数人出てきたりしてるので旬な話題なのかも。

 

もともとポジションに悩んではいなかった

今のバイクのポジションってどう?って聞かれたら乗り込んでいる人ほど別に可もなく不可もなくみたいな返事になるんじゃないかしら。自分もセルフフィッティングで約1年半ロードバイクに乗っているわけで、体の故障自体はない。一度ハンドルを高くして滅茶苦茶遅くなった失敗はあったが、それ以外は微調整を繰り返しながら、常に今がベストなポジだろうと思ってやってきた。

 

セルフフィッティングの答え合わせを

今回フィッティングを受けたのは自身の判断が正しいのか確認も兼ねて受けた。インフルかもしれないけど風邪かしら?って病院に行って風邪ですって聞きたい…みたいな心理wわかるかなー?それであってますと言われたらなんの迷いもなくなるでしょ?それが欲しかった。

 

結論。

速攻でポジションまるっきり違うものになった。サドルは大きく低く、下がり、ハンドルは高く、前傾は浅く落差はほぼなくなった。

あまりの乗りやすさにママチャリに乗ってるかのようなアップライトさを感じてしまった。

 

これは考え方によって異なる部分なんだろうけど、自分はロングライドをしないのでピーキーなポジションにして20km程度の短距離走(クリテ)に特化した形を目指していた。ただ指摘されたのはレースでもサイクリングでも乗り方は変わらないという事。ピーキーにして視野を下げてしまうと落車時の判断やコントロールに支障が出るし、楽にバイクをコントロール出来たらそれだけ推進力に力を転換できると教えられた。

後は理論を教わるんだが、自身の考え方と一致していてそれが信頼に変わり、この人の言う通りにしてみようと思えたのも大きかった。

まるっきり違うポジションに戸惑いはあったが、失うものは何もないとゼロから積み上げようと思った。フィッティングはゴールではなくスタート地点を確認する為のものだ。やって終わりではなく、積み上げ改善してまたフィッティングを受けてポジションを変えていく。


新しいポジションはどう?

よく聞かれるが、最初は今までケツとハムを一切使っていなかった(使えていなかった)のもあって筋肉の疲れは今まで以上だったwでもなんかロードバイクをイチからはじめたような感覚で楽しかった。
スタートと目的地が整理されたので後は乗って経由地をしっかり抑えながら積み上げるのみ。これがセルフフィッティングのままだとトライ&エラーを繰り返し戻っては進み戻っては進みとなるわけだから、地図を貰ったような感覚もあって楽しいのだろう。

 

何が正解かは続けて結果を見ないと誰にもわからない。失うものもない、フィッターを全面的に信用できる、拘りやプライドは捨てる、そういう人にならフィッティングを進められる気がする。(例えばパーツを頻繁に交換するような人は向いていないと思う)

次回は夏にリフィットに行く予定。その時までにしっかり体を仕上げておかないとというモチベでいっぱいだ。

今話題のエアロロードバイクは本当に良いのか

f:id:kontaro0321:20190128150601j:image

待ちに待った試乗会!晴天。気温もちょうどよい。風は若干あるがエアロロードを無風の時に試してもよーわからんだろうと思うので絶好のコンディション。

 

今回試したのは時間の都合で三台

キャノンデール システムシックス
スペシャライズド ヴェンジ
スペシャライズド ターマック

 

いずれも話題のディスクブレーキ車だ。

以前同じくDBモデルのマドンとエモンダを試乗した事がある。
その際の感想は今のチャリの方が良いという散々なものだったので正直あんまり期待してなかった。

 

□各バイクの雑感


キャノンデール システムシックス


最初に乗ったのもあって、軽さに驚く。自分の586より確実に軽い。ギアも50がついてるんじゃないかと思うくらいクランクが軽く回る。乾いたような硬さでシャキシャキしている。登りはダンシングでスイスイ上がれる。ハンドルはブラケット部が狭く、下ハン部が広くなるオリジナルのものだったがこれがすごく良い具合の寸法でかなりしっくり来た。下り始めるとどんどん加速していく恐怖が。ブレーキはディスクだから効く…とは思わなかったが乗りなれた586のがコントロールしやすいなというのが本音。平坦区間は横風の煽りに64というハイトのホイールは怖さを感じた。平坦は586より+2km/hくらいかな…可もなく不可もなく。


スペシャライズド ヴェンジ


試乗車の54サイズはノーマルステムのノーマルハンドル。ハンドルは普段400を使用しているので420で広く感じるが登りのダンシングでは振りやすくて良い。システムシックスの後だと若干登りにヌルさ(ペダルを踏んでる感触が軽い?)を感じる。下りは先ほどと違って怖さがない。速度を感じさせない重心の低さと衝撃吸収性。平地では風の隙間を走ってるような感触があったがこれはプラシボの範囲かな?wこちらもロバールCLX64だったので横風は食らうも重心の低さもあってシステムシックスより怖さがない。エアロポジションをとると一番しっくり来た。

 

スペシャライズド ターマック


一番期待していたバイクである。乗ってみると軽い…が、ベンジより劇的に軽いというわけではない。登りはダンシングでスイスイ。ここまでは今までと同じ。ただベンジで感じたヌルさは薄まっててシステム6ほど乾いてないけど硬さはあるのかな?という印象。正直今まで乗ってたロードバイクって感じが強い。エアロロードはなんか別の乗り物な感触があっただけに感動は薄目。反応が抜群に良いわけでもない感触。難しい。


□数字で見る実際の結果


肌感で感じるものはその時の乗る順番で変わるかもしれないという事で登り(900m、平均勾配6%)の結果で比較。すべて8割程度の力でダンシングの割合も近しいと思っているがパワーメーターもつけていなかったので心拍の上昇具合で見てみた。

 

f:id:kontaro0321:20190128170530p:plain


結果、最大心拍を見るとベンジがちょっと頑張ったのかな?ぐらい。ただ上昇で言うとそんな差異はないかも。体感速度ではシステムシックス>ターマック>ベンジだったが真逆だったw


スペシャライズドは優秀なのか?


結局スピード出してる感じがしないのに速いって事はそれだけ安定しているんだろうし、車体コントロールに余裕があるのでもっと攻められるのかなという感想。なにが違うのかスペシャの営業さんに聞いてみたらばBBハイトじゃないかととの事。

各社のジオメトリ(BBドロップ、BBハイト)はこちら。(54サイズ)
キャノンデール システムシックス…72、269
スペシャライズド ヴェンジ…72、268
③トレック マドン…70、不明
④LOOK 586…70、不明

参考までに
⑤ベンジ vias…69、272.5


viasに比べると下がってるけどそこまでの差がなかった。となるとタイヤの差もあるかもしれぬ。システムシックスは23c(かつ安いタイヤを履いていると耳にした)、対してベンジは25cの差もあるのかもな。

 

話は戻るがBBハイトはターマックもベンジも共通だそうだ。これはルーベで得た良いところを各車に反映させたそうで、そういう良かった部分を次に次にと繰り返していくことで良いものを作り続けているとの事。

キャノンデールはそういう部分では今回全く新しいものを創り出すという意味で色々冒険している感があったのかもしれない。システムシックスは悪いバイクではないが完成度でいうとベンジに軍配が上がってしまう。

マドンはスペシャのようにドマーネの良いところを反映させようとして重く、ヌルくなってしまった。(ヌルさの原因はホイールにあるのかもしれないが…)

 

□結論


今回試乗して即欲しいとはならなかったが、それでもかなり好感触だったのは間違いない。帰りに586に乗ったらギコチなさすぎて違和感しかなかった。まあ適正サイズに乗った後、ワンサイズダウンしてるせいかも。軽さも明らかに試乗車だった。そりゃそうか100マンを超えるバイク乗って大したことなかったら誰も買わないわね。いずれにしてもエンジンを鍛える事には変わりはない、と。機材スポーツだけど機材が高価でなくても速くなれるのが面白いところ。

トレーニングウェアってどうしてる?

毎日アホみたいにチャリンコに跨ってるけど、当たり前のように汗はかくわけで、都度洗濯するじゃない?そうするとウェアなんて使用頻度が高ければ1シーズンでボロボロになっていく。夏用ジャージならそこまで高価じゃないけど、冬用となると保温性(快適性)と動きやすさを兼ね揃えたものとなると結構なお値段しちゃうものだ。

 

代表的なパールイズミのウィンドブレークジャケット

バタつき抑えたタイトなデザインが良い感じ。

タイトなのが嫌いなら

(177cm、70kgでLサイズはちょっとゆとりがありすぎてMにしとけばよかったと思ってる。)


これにおたふくのインナーを着ると0°前後で走る分にちょうど良い。

※追加→強度によって異なる。20km/h前後のグループ走などでは5℃程度が相当だと思われ。

とりあえず安いので洗い替えに3枚くらいまとめて買いたい。

で、おたふく手袋のインナーは袖短めなのでいつもの服のサイズを選んでもタイトに着れる。自分はLサイズでOK。

 

下はウィンドブレークじゃなくても裏起毛のロングビブで良い。下半身はそれほど重要じゃない。

ただパールイズミって日焼けというか使っているうちに茶色く変色していく気がする。ウィンドブレークに限らず、ライクラとか素材の変色なのかな?よーわからんけどお値段する割に寿命は短い印象。

 

ここまで揃えても3諭吉弱なわけで。洗い替えも買うとなるととてもじゃないが予算オーバーなんすわ、わいの財布では。

 

そこで見て頂きたいのがamazonで売っている中華の冬用ジャージ。昨シーズンから冬場ゴリゴリ使ってほとんど劣化無し。

f:id:kontaro0321:20190108114954j:image

 

胸のエンブレムは糊付けだったので乾燥機かけたらアッサリとれちゃったが嫁にお願いして縫い付けてもらったらその後問題なしw(最近のデザインではエンブレムなくなってるみたい)

 

保温性はというと特にパールイズミと大差はない。少し重い気もするが誤差だ。脇腹にベンチレーションがある点でパールイズミより優れているかもしれない。

 

それにコスパが凄い。3Kなら1シーズンでダメになっても惜しくない。
そりゃ高いウェアはデザインだったり機能性が凄いんだろうけど、そういうの着る人って週1~2回で走りにいく頻度の人じゃないんか?そんな高価なウェアごりごり使ってトレーニングなんてもったいなくて出来ないw

 

中華製品は安かろう悪かろうと思っている人がいるかもしれないがSanticなんかはサイズ感といい素材といい文句のつけどころがない。

特に長袖(春・秋)ジャージがめっちゃタイトで本当にオススメ。

ピチピチで着たいのでLサイズを選んでジャスト。ウィンドブレークジャージも機会を見て買いたいと思っている。

 

あとwiggleの独自ブランドdhbもコスパ、品質が良い。サイクル業界のユニクロ的な価格設定。

 

ジャージやチャリのメーカー見て初心者かベテランか判断しがちだけどね、見た目だけ立派で走りがお粗末な方もいらっしゃるのも事実なわけで。着飾るのに夢中で中身が伴わないとなんだか薄っぺらな気がしない?

他人をうらやんでも仕方ないので自分を変える年にする

年末やっと仕事納めしたかと思ったら、いつの間にやら仕事はじめ。
年末年始はチャリと家族との時間を大いに満喫できた。12月の月間走行距離は2400止まりだったが、月の前半ほとんど乗ってない割に頑張ったと思うw頑張ってくれたチャリンコを洗車初め。

f:id:kontaro0321:20190107130243j:image
最近、脳内はずっとストレッチと柔軟の事ばかり。そもそもは年末に撮影した自分のペダリングを見て愕然としたからなんだが。自身の脳内で再生されるペダリングは大抵理想補正がかかっていて実際は全く別物。そんな恋にも似た現象をどこかで理解はしていたつもりだがここまでとは…w

 

①そそり立つ骨盤

f:id:kontaro0321:20190107131008j:image

骨盤が後傾というか、自分が思っている以上に立っている事は知っていた。それもブリッツェンの岡選手やトレック別府選手のようにそういう人もいる、という理解で落ち着いていた。がしかし、骨盤が立つ→前傾をきつくすると背中が直角に曲がる→腹部の空間が十分確保できない→結果キツいなんて方程式を考えるとやはり緩やかにでも骨盤を前傾させた方が良いんだろうなと思う。ペダルに体重をのっける意味でも前傾のが有利だろうと考える。

 

②登り龍の如き引き脚

f:id:kontaro0321:20190107131026j:image

これが一番衝撃だった。一般的にペダリングするうえでシューズのソールは常に同角度を維持するのが推奨されており、ソール面が上下にギッコンバッコンしてるのはパワーロスしていると言われている。ギッコンバッコンというものではなかったが脚を引き上げる際にアンクリングしてしまっている。(カカトが上がっている)これはふくらはぎの筋肉が硬いせいだろうなと推察する。角度を調整して踏み始めるわけなのでトルクのかかり始めが遅い。

 

③すべての不条理をスポイルする為の全身運動

f:id:kontaro0321:20190107131036j:image

出力を出すために全身で脚に魂を込めているのだと言わんばかりのペダリングだったが、実際は引き上げた脚が可動域の少ない股関節では処理しきれない→骨盤を上下させていなす→背中が跳ねあがる→ペダルへの荷重が弱まる、という図式になっているようだ。プロでも高出力が続くと苦しくて全身運動になる事はあるが、基本は骨盤で支えて股関節をしっかりローリングさせるべきだ。そしてそれが一番ロスなくパワーを生み出す。

 

こんな事を考えて悶々と過ごした年末年始。今年は股関節を柔軟に仕上げるという取り組みからはじめる事にした。前屈してみると腿の裏が張る。昔から腰痛の原因はハムと臀筋の硬さからくる腰筋の代償負荷のせいだと整体で言われ続けてきた。体が硬いのはしかたないと諦めていたが1mmでも速くなれる要素があるのなら取り組んでみる価値はあるなと。

2018年総決算

f:id:kontaro0321:20181228143811j:image

去年の今頃は2,000km乗り込みにチャレンジして、どうやっても無理やんって自身の環境のせいにして努力する事を放棄してたな。春先からの乗り込みも2,000km走ったのもギリギリだったと思ってたけど案外そうでもなくて自分で時間を作ろうと思ったらもっとうまく出来る。そういう努力をしたから振り返ってそう思えるんだろうと、成長を感じるこの頃。

その気になれば1日のスマホの画面を見てる時間で50km走くらいは余裕でこなせるはずだ。時間の使い方がどんどんストイックになっていく気がする。

 

そうは言っても家族の協力があってこそ。嫁は俺が楽しそうにチャリに乗ってるなら協力はしていないと言ってたw辛そうな顔してもその夜には、翌日にはもっと辛そうになるまで走ってくるのを見てたら真剣なのが伝わったと言ってくれた。

 

娘には常々一番になりたいものを見つけなさいと言っているが、今ではチャリでいつ一番になるんだ?と煽られている。有難い環境。

f:id:kontaro0321:20181228143910j:image

まだ眠い、体が重い、風邪をひいたらしい、なんて言い訳してる間にライバルたちはバチバチ熱い練習を繰り広げている。そう考えると自分に言い訳する前に何のために取り組んでるか今一度考えられる。

 

練習会に行っても全く練習に絡めない日もあった。自分が強くなった分、いやそれ以上強くなる周囲の環境も有難い。T兄貴が言ってたが「仲良しの友達じゃない、ライバルが集まった練習会なんだ」と。そう言いながらスランプに陥った自分に「スランプの後には必ずバコーンと強くなる。そういうもんだ」って励ましてくれる兄貴w

 

ガムシャラに駆け抜けた一年。成長はしたけどまだまだ伸びしろしかないので更に高いところに行きたい。圧倒的に勝ちたい。

 

一年の総括をグラフにまとめたら一番大事な時期(レースの時)が凹んでて面白かったwちゃんとピーキングや年間プランはもって取り組むべきだな。体験してわかる事ばかり。むしろ体験しない知識などは何の役にも立たないんじゃないか。

 

f:id:kontaro0321:20181228143555p:plain

 

モチベが上がるニュースが飛び込んできた

f:id:kontaro0321:20181207121652j:image

いつも気付きや誰かに話しておきたい事をまとめるようにしているが、後で振り返った時に大抵今と全然違う事言ってると笑ってしまう。

 

まあその時に感じた事や思った事はそのまま残してどういう変化が出てたのか見直すのには使えるんやろうと。実際こんな事考えてたんかwと自分でも忘れてる事が多い。

最近はめっきり寒くなり(一時的に暑くなりw)来年に向けてやるべき事をやろうとモチベーションを保っているわけだが、昨夜けいっちパイセンから衝撃のニュースを聞かされた。

f:id:kontaro0321:20181207121749j:image

県内ニュースにも取り上げられているので秘密ではないと思うが、今治でクリテが計画されつつあるよう。あまりに衝撃すぎて眠気が一瞬で吹っ飛んだ。そんなもんだから更にモチベは上がってくる。

 

で、また距離稼ぎを始める事にした。これはTSSも比例して溜まるので一個の指標となる。前にも書いたが強いホビーレーサーはみんなやってる。

kontaro0321.hatenadiary.jp

 

 

 

一個はじめたらその前の一個を忘れて走り続ける鶏脳だが座右の銘を何度は思い出すたびに活力をくれる。

 

やるヤツは時間がなくてもやる。やらないヤツは時間があってもやらない。

 

これは時間に限っての事じゃない。環境もそうだし、例えば格上と走っていて酸欠で目の前が真っ暗になりそうになり、脚は筋肉がピクつき、脳内に限界という文字がカラータイマーのように点滅しはじめる。そんな時に諦めないヤツは血を吐いても諦めないし、諦めるヤツは脚が残っていても諦める。

あと数m粘っても結局千切れるかもしれない。でもその数mは積み重なって大きな差となる。

 

今の夜練の集まりは、ともちが一番強くて平坦をゴリゴリ走るから先頭交代しても速度を下げてしまったりしていて、ゆうきは最初千切れたりしていた。今じゃゆうきに付いていけるのは調子が良い時くらい。ともちは不調というが、そうではなくてそれだけゆうきが速くなったんだと思う。この差は明確に「やったかやらなかったか」だ。

 

思い立った時は皆頑張れる。しかし継続は難しい。自戒も込めてw