ロードバイクはじめました

四国は愛媛県を走るこんたろーのロードバイク初心者日記

ロードバイクのトレーニングにおいて一番重要なもの

なんか最近こんなタイトルばっかりで書いてる気がする。
ただトレーニングを続けるなかでモチベだったり、知識だったり、機材だったりするよりももっと大切なファクターがあって自分はそれにすごく恵まれているなと感じた。
それは切磋琢磨できる練習仲間だ。

f:id:kontaro0321:20181005111733j:image

んまー自分の周りは奇跡的に練習大好きな変態が集まり、誰かが勝手に練習会が組んでいたり、呼びかけなくてもほぼ100%出席という面々ばかり。
逆に毎回全力を出す面々なので一回参加して心が折れてそのまま来なくなるというケースもよくあるwこういうのは来るもの拒まず、去る者追わずで継続していけば良いのかなと。

 

まあそんな練習仲間がいるメリットとデメリットをまとめる

 

1.疲れたりモチベが下がるのを防げる

今日は走ろうかどうしようかって気持ちの時も、お!今晩夜練あるな!ってなると自然と乗ってしまう。それに自分が休んでる間に誰かが走ってるのを見て刺激を受ける時も多々ある。心の根底にあいつらに負けてられない!というものがあるのだろう。仲間とは友達ではなくライバルに近いんじゃないかしら?w

 

2.強度が維持できる

一人なら息も絶え絶えになり、脚がパンパンになったらすぐに緩めてしまうだろう。ただ集団で走っていると千切れ=死(二度と車列復帰できない)という意味なので意地で食らいつく。この食らいつきを何度も重ねる事で限界突破を促せるし、キツい時の凌ぎ方を体が覚えていくようになると思う。逆に調子の良い時は仕掛けまくってちゃんとオールアウトするw

 

3.毎回レースをイメージした展開で力試しができる

強度維持に近いものだが、必ず調子の良い悪いが誰にもあって、調子の良いヤツは躊躇なくアタックをかけてくる。それに振り回されながら耐える。ゆうきに聞いた話だが、この間のレースの表彰台にあがった面々はローラー練やグループ走は一切しないで、こういう千切り合いの実践練習しかしていないそうな。

 

デメリット
1.時間を合わせる事によるロスや手間がある

これは意外と馬鹿にできない。待ち合わせる時間があれば少し前もって到着するのが大人のマナー。一人ならその10分程度でも2~5km程度走れたりする。あと練習日時の周知の手間なんかも出てくる。そういうシガラミを嫌う人はパッと一人で走って終わらせた方がストレスがなかったりする。


2.脚の差があるとお互い練習にならない

例えばヨーイドン!でスタートしても2時間の練習の序盤5分で千切れて一人旅となっては全く意味をなしていない。逆に速い人が遅い人にペースを合わせてもトレーニングとしての価値はだだ下がり。近いレベルで鎬を削りあってこその練習仲間だと思う。
今の練習仲間内でも「誰かが成長してレベルが合わなくなったらソイツは別のグループを探して練習をするだろう。だから全員が常に誰よりも強くなろうと取り組んでいないと練習会ってのは成立しない」って話はよくする。

 

3.そもそもそういう相手がいない

よくあるのが2の同じレベルの人を探すのが困難な場合。その場合は少し上、少し下あたりも視野に入れて探す。少し下の層の場合は最初は育てていくという過程も必要だが、向上心の高いタイプの人であれば練習会の強度にすぐ食らいつくようになると思う。折れない気持ちを持ってる人を周囲はリスペクトしてるし、脚力云々よりお互いリスペクトしあえる環境ってのが大事かもと思う事もある。

 

 

とまあ、色々書いたがまずは安全第一が原則となる。良い練習会もケガや事故があっては台無しになるので、熱中しながらも常に冷静さを持ち、集団走行も周りの動きをしっかり見る習慣をつければ尚よいかと。

今のトレーニングが効果的なのかどうか見極める指標

人によってトレーニングの成果を図る方法は様々だと思う。例えばある区間のタイム、FTP、MAX出力、、、なんとなく漠然としていたり、長期的に向上させていく数値だったりするので今のトレーニングの効果が出ているのか否か判断し辛い。

 

最近STRAVAもトレーニングサポート的なサービスを始めているのも興味深い。ただ本来はコーチングできる人にデータを渡して解析してもらうのが一番なんだろうが、自分はそんなお金あるなら補給をケチらず行いたい(そのレベルで金がない)

 

そこでフリーソフトのゴールデンチーターで検証してみる事にした。

定量的なデータを見たほうが間違いないだろうとパワーデータを取り出した頃からのグラフを見ていきたいと思う。

 

1.有酸素能力 AerobicPower

f:id:kontaro0321:20180926114839p:plain

背景に青く色付きグラフとなっているのがTISS(この場合有酸素運動におけるTSS)。2000km/月走をしていた4.5.6月あたりが盛り上がっているがそれ以前のトレーニング量の貧弱さを実感。折れ線グラフは5.10.20.30.60分のMAX出力となる。この折れ線グラフが右肩上がりならどんどん強くなってるんだろうがそう簡単に強くはならないという事がうかがえるw
その中でも6月頃にピークが来ているように見える。有酸素系のトレーニング量が増えた効果ともとれる。そこから2000km/月走を中断して下降気味。こういうのは波があるもんなのか、それともトレーニングの継続で維持出来るのか検証が必要だ。

 

2.無酸素能力 AnaerobicPower

f:id:kontaro0321:20180926114856p:plain

先ほどと同様に背景赤色が無酸素域のTSS。直近数か月で無酸素域のトレーニング量が一気に増えている事がわかる。折れ線グラフは上から1.10.15.20.30.60秒のMAX出力だ。無酸素域のトレーニング量にあわせて1~20秒あたりの出力が向上しているのが読み取れる。わりとTISSと近い動きをしているので、無酸素能力はやれば即効果が出るが、やらないとすぐ落ちる…という事が言えるのではないか。一般的にオフに有酸素、シーズン中に無酸素トレーニングを行うというのはこういう事もあってだと思った。8月末をピークに下げてるのでトレーニングを見直そう。

 

3.まとめ

やってるトレーニングが正しいかどうかまでは判断できないが、今の自分がどういう状態かを見る事は出来そうかなと。せっかくデータを収集してるのに役立てない手はない。あとは数字やデータは見る人が思う通りに解釈できる性質もあるので振り回されないように体の声とちゃんとリンクしているかチューニングも必要だとも思う。

ついにやってきた!こんたろうカップ当日

f:id:kontaro0321:20180918173110p:image
こんたろうカップ。それは誰も知らない草レースであり、勝っても誰にも誇れない、そして何も得られない、誰得なイベントである。

そんな鬼畜な催しに参加した20名弱の変態たち。
彼らは日々各々のチームで切磋琢磨し、ヒルクライムイベントでは必ず顔を合わす『ほんもの』のロードバイク好きである。

 

参加者

まず今治からSSR。各々が所属チームをもっているがトレーニングに飢えたトレ中毒達が集まり形成。発起人のけいっちパイセンは我がロードバイク論の師匠的存在でありロードレースとなれば千通りの戦略を使い分けるブレイン的存在。そこにオールラウンダーのYmasakiさん、猪ルーラーのクボタドール、新居浜からともちが加わり完全に野獣使いと獣たちみたいな構成となるw

 

次に松山らくりん。ヒロさんと言えば愛媛でヒルクライムしている人ならどこかで知っている存在じゃないかしら?今年の石鎚もてっぺんクラスの先頭集団でバチバチな走りを見せていた。そしてリーダーのにゅーさん、温厚な口調、表情とは裏腹に走り出すとその気迫で周囲を委縮させる所謂覇王色の使い手的なお方。そこに進撃の巨人ことケンゴさんが加わる。ケンゴさんは周囲にローディが勝手に集まる愛されキャラ的な人柄で周りに剛脚が多いあまり貧脚と称するが一線級の走りを見せる。そして助っ人に某ヒルクライム年代別元チャンプO君が加わる。彼の走りを見るのは初めてなので楽しみ。

 

やべチーム紹介だけで結構文字食うや…w

 

次に松山Limit Vertex(綴り違ったらすみませんw)。ラーメン大好きGoさんは毎朝変態坂練をして今年の石鎚で一時間切りを達成!それだけで飽き足らずレース後も鍛錬を続ける変タ…おっと誰か来たようだ。そこに長身イケメンのIZUMIさん、MJさん。二人もSTRAVAで見てると山ばかり攻めててほんとに変タ…ゲフンゲフン!3名のチームだが今回は助っ人にGOさんの義兄の34さんやIWASAKIさんが加わり5名体制となる。


そして我々新居浜連合は普段夜練で集まるメンバーで構築。新星チームCR3Wより自分の知り得る愛媛で5本指に入る剛脚あまちょさん。そして新居浜界隈ではKOM職人として名高いTEPP@Yさん。そして無所属ながら石鎚で55分の好タイムをマークしたマサルちゃん。そして私の四名。

 

しっかしよーこんなに集まったな。皆知り合いとは言え、集合してブリーフィングしてる時の様子は完全に小規模イベントの集まりだったw

さてさてコースは愛媛国体コースのうち、海岸線から橋との合流地点手前までの31km。交通量が少なく、市街地を避け、島民の方々に迷惑をかけないように執り行う。

 

レース内容

スタートはローリングスタート。リアルスタートから即自分がアタック。これにヒロさんが反応。各チーム逃げを一名づつ送りこんできてるのかしら?と振り返ると自分を入れて四名。予想を裏切りSSRが逃げを送らず。LVが二名(うち一名はエースのMJさん)。

 

向かい風の海岸線を体感70~80%の強度でローテ。そのころメイン集団ではLVがペースをコントロールし逃げを追わせない展開を作っていたとの事。

 

完全に策士LV!ロードレース経験ないんで…なんて言うてたのに一番曲者だったw

 

海岸線を抜けると最初の坂。距離は500m程度だが直線的に斜度がある。ここでダンシングでアタック。LVの二名を削りに行ったが、そのまま抜け出せてしまった。ヒロさんはすかさずツキイチに。ただ息が上がっている様子。逃げ切りを狙ううえでヒロさんと二人で終盤戦登るのは正直キツイ…だもんで序盤だが逃げグループを解散させようと下りで単独アタック。これが決まり、ヒロさんとの差は15~20秒程度に。

 

平地だが向かい風が終始吹いているので体重の軽いヒロさんには不利な展開もあってそのままペースで踏み逃げる。そしたらヒロさんとMJさんが合流しているのが見えた。二人で追われるとちょっとキツいな…ある程度マージン稼いだら無理せず合流かな?と思ったところで最初の分岐点。大山祗神社周辺の市街地ゾーンへ。後ろとの差を確認する為に振り返るも二人が来ない…一向に来ない。明らかに遅い。これは落車か道をロストしている。

 

そう頭によぎった時点で脚から力が抜けていった。人間張り合うものがないと緊張感を保てないw最低限200wは維持しながら走る。短い緩い坂をインナーでいなそうとしたその時、突然メイン集団が背後に現れる。しかし人数は6名ほど。新居浜連合3名にらくりんのにゅーさん、SSRのクボタドールとともち。先頭はSSRが積極的に牽引し集団をシャープにしてきたと思われる。

 

確かにこの二名は向かい風だろうと多少の斜度だろうとほぼ平地であれば無類の強さを持っている。猪突猛進型の二人が逃げに反応せずここまで自分の仕事に徹しているのは他ならぬパイセンから知恵を授けられたからだろうw

 

少し間をおいて、再度アタックをかける。新居浜の人数が揃っているので多少冒険できる。


ここで猪たちが挑発にのって追いかけてきてくれれば猪ジャックし、うまくコントロールして逃げ集団を作れる。そんな淡い思いは一瞬で消えたw猪たちが荒ぶっていない!冷静に淡々と自分の仕事をこなしている。。。単体では勝負にならず数分逃げて集団に吸収された。


トンネル前の最後の峠がくる。見た目にもパンチがある坂でマサルちゃんが一世一代の大仕事をする。

 

「今日最後までついていけないと思うんで、何か仕事が出来るなら言うて下さい」

 

レース前そう言っていた男が本能のまま飛び出す。新居浜の二人もアタックに乗って前線へ。これにはともちもにゅーさんもキツい声を上げていた。

 

そしてクボタドールはその背中を見つめながら「あとは…坂は任せた」と言い酷使してきた脚をついに緩めた。

 

かくいう自分もすでにバックファイヤーしていたので新居浜の勝利を確信し戦線を離脱。

 

そこからは聞いた話でしかないが最後までTEPP@Yさんが牽き、あまちょさんが発射されワンツーフィニッシュ。粘ってついていったにゅーさんが三位。そしてともちの順にゴール。

 

ゴール後、ルートをロストしたヒロさんたちが最後にゴール。
そしてヒロさんに釣られてロストしたLVのエースMJさんw
結果的にLVを完封したのはヒロさんだったわけである。

f:id:kontaro0321:20180918173151j:image

1時間ばかりのレースだったが皆疲労困憊だった。それだけ出し切れたのだと思う。今回は仕切りの悪さからコースロストが多発してピリッとしなかったのでプレイベントとして、次回ちゃんとやりあって最強を決めたいと思う。

 

そしてロードレースの楽しみをちょっとでも感じてもらえたら幸い。
個別でLINEに楽しかったとか貰えて開催してよかったなと思えた。
そして集まったメンバーは皆チームの垣根を越えて交流していってほしいなと思うこの頃。

また楽しい事を考えてみんなを巻き込みたいと思う。

f:id:kontaro0321:20180918173208j:image

JBCFデビュー戦

今日は待ちに待ったJBCFのやまぐちクリテリウム。先に結果を言うとDNF。この結果に不満がないかというと全力であるw参加する上で優勝する事以外考えていなかったからだ。

f:id:kontaro0321:20180916165113j:image

レースというのは運次第の部分も大きいが、それだけで言ってしまうと不運な日はレースを捨てなければいけなくなる。運を掴むのも実力がないとダメだし、少しの不運を最低限の被害にとどめるのも実力。完全に実力不足。

 

本気で競い合うレースってやっぱ面白いな。ロードバイクってやっぱ面白いな。

 

でも負けるのは悔しいので次は勝とう。その為の努力と準備を経験から積んでいこう。

 

自分は完全にロードバイクの虜だ。こんな楽しい事に出会えて良かった。

 

ヤケマックのおかげで気持ちは超絶ポジティブ!w男前なドナルドは俺の悲しみを全部受け止めてくれたぜぇ。

f:id:kontaro0321:20180916165204j:image

AKの言ってた一六タルトの天ぷらというものを食したり小旅行も楽しんだw

f:id:kontaro0321:20180916165251j:image

ロードバイクを買う上で一番重要な事

f:id:kontaro0321:20180912165207j:image

先日、こんなことを呟いた。

 

ロングライドやグルメポタしかしないローディの9割くらいはエンデュランスモデルには乗っていない。日本でエンデュランスバイクがなぜ売れないのか。ショップの売り方なんでしょうかね。”

 

まあ素朴な疑問を何も考えずに脊髄でツイートしたわけ。

諸外国ではエンデュランスモデルのが人気だとかいう情報を聞いたのもあってかな。

目的(例えばブルベ、ヒルクラ、クリテ、ポタリング、通勤)などがあって、それに応じてバイクを選ぶのが効率的よね通常は。

 

とまあそんな話を嫁に何の気もなくしたわけ、晩飯の会話のおかずに。すると最近、一年以上ロードバイクに乗ってきて変な知識などが増えてきたからなのか父ちゃんは上から発言が多くなってきている(嫁談)との事。

ずどーん!とハートを打ち抜いてきたねwそのつもりはなくても言われると自覚に変わる。

 

加えて言われたのは「初めから自分はそうだったのか?」という事。

 

レーニングに対する意識も、ロードバイクに対する価値観もすべて最初からそうだったわけじゃない。むしろ最初はガチ勢なんて気色悪いとすら思ってるサイドだった事をふと思い出した。

 

でね、ロードバイクをこれから買おうとか、次は何を買おうと思っているときに最初自分は何を考えて今の586を選んだのかを思い出したよ。それは

 

ロードバイク眺めながら白ご飯食えるか、どうか」

 

自分のバイクかっけーって延々眺めてられるか否か…つまり機能性じゃなくて超見た目重視w

 

なんだって見た目でやる気起きないのに続いたりしないよねー。

初心に帰って考えると今と見方が真逆で面白い。初心を忘れてはならないね。誰かの価値観を否定するような発言は気を付けようと反省。

 

なので周囲でロードバイクを買おうと思うがどれが良いかと悩んでる人がいたら迷う事なく見た目!とアドバイスしよう。

 

今日でブログはじめて一年記念らしい。特に何もないが初心を忘れないように雑記w

日頃のトレーニングの成果を数値で検証する

タイトルの通り、取り組んでいるトレーニングがどういう変化をもたらしているのかちゃんと検証しないとプラシーボの範囲で終わってしまう。なのでFTP値の変化で検証してみようと思う。

 

ありのままの数値を晒して、やはりこの程度でしょうね、と批判される覚悟をキメる。

f:id:kontaro0321:20180829094747j:image

 

検証のポイントは下記の通り。

・STRAVAのSummitのパワーカーブで数値を比較する。

  パワメでの実測値が反映されたパワーカーブを使用する。

 

・定点観測として3点

 ①2018.1.1~3.4…インターバルをガンガンしてた頃

 ②2018.2.26~5.6…月2000km走のビフォー

 ③2018.6.25~9.2…月2000km走のアフター

 

 ※二か月間で区切りたかったがSummitのパワーカーブは週単位 

 

あと体重の増減はほぼ横ばいなので検証には加味しない。

 

論より証拠だドーン!

 ①FTP254w

f:id:kontaro0321:20180829093422p:plain

 

②FTP260w

f:id:kontaro0321:20180829093440p:plain

 

③FTP273w

f:id:kontaro0321:20180829093453p:plain

まあ何が効いてたのかは定かではないが、成長しているのは間違いない。来年の夏くらいにまた一年越しの比較すれば面白い気もする。

 

下記の本で有名なホビーレーサー達もLSDの重要性を説いていたがどうやらちゃんと効果はあるようだ。

 

 

高岡氏が、サドルのうえでペダルを回す時間に無駄な事はない…と言っていたがその通りだと思う。ネットで集めた情報で理論武装するより、機材を疑い過ぎて髪の毛タマムシ色にするより、乗った方が一番簡単に強くなるというわけだ。

 

※いつもFTP230とうたっているのはローラー計測のFTP。なのでローラーの時は230でメニューを組む。

最近ハマっているサドル沼の話~FabricScoop flat~

f:id:kontaro0321:20180808095303j:image

なかなかレアな586が2台並んだのでパシャり。

 

前回、もともと使っていたアリオネと最初に試したパワーアークの話をしたが、次なるサドルとしてファブリックのサドルを試してみることにした。

kontaro0321.hatenadiary.jp

 

③ファブリック Scoop flat

アリオネからパワーアークになって座面が4mmほど下がったが、ファブリックに変えてまた数mm上がった。気にせず乗っていたがやっぱりダメでサドル高を下げた。ISPはこういう時に色々面倒くさい。次は絶対ノーマルのシートポストのバイクにするというのは必須条件。

さて、サドル自体の話だが、人気はSHALLOWという座面の真ん中が盛り上がっている形が人気らしくテストサドルははけてしまっていた。なので残りもののFLATを試す。

このサドルはベース部が非常に柔らかく体重をかけるとあっさりしなる。これがいい感じに尻をホールドしてくれるらしいのだが、パワーアークになれたお尻にはホールド感は弱くロス感は若干感じた。座面の素材がツルツルしていて滑りやすいのも影響しているだろう。

最初はなんだこの当たり障りのないサドルは?と思っていたが一週間ちょい乗ってみて感想は変わらずw

ちなみにノーズが細いので座骨問題はクリアとなっている。ノーズはアリオネより短くダンシングからシッティングに移行する際にひっかからない。

 

無個性というか尖ってないから、何もデメリットはない。だからインプレしても面白くないサドルになる。ただこれが一つの正解なのかもな。。。とも思う。サドルは主張しなくて良い。そこにあれば良いのだ。と深いようで浅い感想をもったところで次のサドルを探すことにした。

 

現時点での成績は
1.アリオネ
2.PawerArc
3.ScoopFLAT