富士ヒル2019参戦記

f:id:kontaro0321:20190610125050j:image

雲に覆われてしまった富士山を見ながら憂鬱な気持ちになってた往路。

 

エントリーした時は何かに絆されていたのか、なぜかヒルクラにエントリーしてしまった。エントリーの時に嫁に「もちろん優勝するんでしょ?」と言われた。もちろん即答で無理と言っておいた。

ヒルクライムレースというのはレースという名目だが、実際に順位を競い合っているのはごくごく一部の人間だけで、あとはタイムトライアルとして自分との戦いを楽しむもの、と思っている。
逆にロードレースやクリテリウムなんかはどんなにタイムが悪くても一番にゴールに飛び込めば良いわけで。これを嫁に説明したんだが全然理解してくれなくて困った。

とりあえずあわよくばシルバーを獲得できるだろうくらいの感覚でいた。ただエントリーしてからヒルクラアレルギーが発症して富士ヒルの情報すらもシャットダウンしてしまっていたw

・当日まで24km走ることを知らない(大永山よりちょい長い程度だと思ってた)
・コースレイアウトは出たとこ勝負(勝手に後半しんどいと思って温存してた)
・心拍とパワー管理してれば余裕っしょ?(実際パワーは見てない)

 

この舐めた態度でどうにかなるわけなかった。結果はシルバーから1分遅れブロンズリング。来年はエントリーしないが真面目に考えた反省点をちゃんと書いておく。

 

①ゼッケン番号をみてぺーサーを決める


今回は自己申告タイム通りのウェーブスタートとなっていた。前回は一見さんは後方ウェーブという差別があったので改善されていたようだ。しかしそこで問題なのは初心者と経験者が混在している事。初回参加者はゼッケンNo.の桁数が多かったので次回参加者は桁数の小さい参加者をペーサーにした方が良い。初回参加者にペース配分させるのは博打だ。緩斜度インターバルを繰り返してる人たちは皆初回参加者だったように思う。

 

②絶対的にトレインを組んだ方が速い


富士ヒルは激坂がない(と感じた)。キツイのはスタートから1合目までであとは緩斜面と平坦の繰り返し。かなり走りやすい。トレインが組めるなら絶対的にそっちのが優位になる。しかし緩斜度インターバルを繰り返す人たちによって集団がブレイクされてたので、賢い経験者は少数精鋭で1号目までに勝負決めてた印象。①と重複する部分はあるが、信用できる相手をいかにはやく見極めて協力体制を築けるか否かは重要。1号目までは多少無理しても後でちゃんと休めるコース設定なので行けるとこまでついてくってスタンスでも十分タイムは稼げるんじゃないかしら?

 

 

③各地点の目標タイムを貼っておく


めっちゃ基本やん!と突っ込まれるのを覚悟でwパワーメーターを指標にするとこのコースだとドラフティングでだいぶ休めてしまいサボりすぎてるのかもと不安になるのでパワーはあんまり参考にしなくて良いと思う。5号目付近だと空気が薄くてパワーが下がっちゃうし、それでも気圧が下がるので速度的には十分出てるしみたいな状況もあるんでね。目標タイムに対してどれだけマージンを稼ぎながら走れているか、遅れを取り戻すのに最小限の脚を使って走るとか…ね。

 

 

この三点を守れば実力以上のリングだって獲得は可能だと思う。獲ってない分際で偉そうな事言うなというクレームは堪えてつかーさい(´・ω・`)

走りやすいしせめて関西で開催なら来年も出ようってなるんだろうけど、毎年あの移動時間と費用を工面するのは無理だ…いや無理じゃないけどそれなら沖縄とかニセコに出たほうが楽しいよなって思ってしまうのよね。ほんと良いコースだし、嫌いじゃないんだけど。

 

そしていつもいつも思ってる通り、ヒルクライム耐性は向上していないまま。ヒルクラ力って言うと極端だけど、長く中~高出力を維持する独走力って言い換えると逃げやロングスプリントなんかで必ず必要になる能力だし、自分に一番欠如してるものだから今後もちゃんと山に登って克服したい。チャリに関してはあれもこれもと欲張りで居たい。

f:id:kontaro0321:20190610125151j:image

とりあえずコンディションが過酷過ぎてスマホを持ち歩いてたのにゴール後写真を全く撮らなかったwなのであり物で誤魔化してる感が否めないw

ヒルクライムにおける最適なケイデンス

 

f:id:kontaro0321:20190529104819j:image

雑誌なんかではどうもセグメントしたがる傾向があって、そういうわかりやすい最適解を皆求めているんだなーと思う。ただコースレイアウトやライダーの体重、スタイルを前提として考えないといけないやろ、とブツブツつっこんでたんだが、それならば論より証拠と検証してみる事にした。というわけで先日の大永山サミットでわかりやすいサンプルがいくつか手に入ったので見てみた。

f:id:kontaro0321:20190529104635p:plain


※90rpm以上を赤字とした。


TOP5以降は体重がわかる人をサンプルとしてピックした。70kg以上なんて兄貴と自分とともち以外いるのかよ?と思ったけどw(あとはMさんくらいか?)

パッと見の傾向的に体重に関わらずケイデンスは85以上がメイングループのようだ。わかりやすく体重が重いほどケイデンスが低く、軽いほど回すという仮説は全く当てはまらず。以前言われていた速い人は峠を85~95rpm以上で…という話は正しかったと言えるw

大永山のレイアウト的に16km以上の割と長丁場かつ勾配が緩い区間が多い事特徴がある。緩斜度を踏む為に5%以上の区間を回すという事なのかしら。5%以上の区間をダンシングで乗り切るタイプは30分以上の登りでは厳しい傾向があるともいえるのかな。

というわけで10分程度の峠でサンプルを比較してみた。

f:id:kontaro0321:20190529104649p:plain


サンプル数が少ないがもれなくケイデンスは90前後。勢いで押し通せてしまう距離でも皆自然とケイデンスが高くなるのか。これも体重で差異はないと思われる。


検証結果はあくまで仮説だが、ケイデンスは登りの長さや斜度に関わらず85rpm以上を意識すると良い。自分は重いのでケイデンス低くして踏み切りますって人もいるだろうけど、結局取り組んでないだけでちゃんとケイデンス練習すれば低ケイデンスよりもタイムが出せるんじゃなかろうか。

もちろんこれは登りに限った話。平地走やクリテは先頭交代のタイミング如何次第なところもあるので検証しにくい気がする。まあ思い立ったらやるかもしれんけど。

パワートレーニングはすごく難易度が高い

f:id:kontaro0321:20190528124921j:image

完成車にはパワーメーター がついてくるってのがスタンダードになりつつある。世の中パワーメーターが簡単に導入できるようになり、ガチ勢だけの玩具ではなくなった。自分はパワーメーター導入は肯定派である。「ちゃんとやる」人は経験年数に関わらず早く導入するべきだと思う。ただ、無用の長物とする人がほとんどだと言う事がネットではあまり語られていないような気もするので敢えて書く。

 

①あくまでもトレーニング器具の一つである

パワーメーターを買うと何か特別な事が出来るようになると幻想を抱いている人が多い。導入してみると心拍計をはじめて導入した時と大してやる事は変わらないと気付く。自分の事を良く知り、効率的にトレーニングをしたいという人以外は買って満足という事が大半だろう。
ならば、どういう人であれば導入すべきなのか?それは心拍計だけでもトレーニングは出来てるのでパワーメーターなんて不要だ!と思ってる人や、年間100時間はローラーに乗るよって人や、追い込み過ぎてオバトレするメンタルの持ち主くらいの人だろうと思う。データの活用と強度の設定は心拍計だけでも可能だ。今ある機材でちゃんと取り組んでない人がいきなりトレーニングを…なんてなろうはずがない。


②パワートレーニングは万能ではない

そもそも自分の力(FTP)を正確に知っている人はどのくらいいるのだろうか?FTPの上昇に一喜一憂して実力以上に過信している人、過去のFTPをいつまでも更新せずにCTLだけ異常に高い人。結局自分の匙加減ひとつでどうにでも評価出来てしまうのだ。実力以上のFTPインターバルトレーニングをすると効率は悪くなり、TSBがまだまだ走れると嘘をつく。その結果体の疲労感を無視してトレーニングをしてしまう人もいるのではないか?(ん?ブーメラン?)またその数値をどう活かしたいのか、目的が明確でないとそもそもキツくてツマらないパワートレーニングなんてしないのだ。


③結局パワーが大きいヤツが勝つんじゃない、速いヤツが勝つんだ。

ここがイコールじゃないって事を理解していない人も多い。すげー出力~ってなっても実際レースで必要なのは位置取りの嗅覚だったり、足をつかわない為のテクニックだ。同じコースを同じ体重の相手と走ってパワーは上だけど負けたなんてのは愚の骨頂。本番は少ないパワーで速く走った方が勝つのだ。パワーメーターはそんな当たり前の事を忘れさせてしまう危険性がある。レースってのはゴールに最初に飛び込んだヤツが強いんだ、数値の大きさじゃない。

 

 

上記の理由から導入するにあたってちゃんとした経験者がアドバイスをくれる環境、もしくは英語の文献などを地力で読み漁る独力がないと厳しい。
パワートレーニングバイブルに必要な事は全て書いてあるんだが、これのありがたみというか凄さを知るのはちゃんとパワトレ出来るようになってからだ。(でも世に出る情報はこの本からの抜粋ばかりだし、値段以上の情報が詰め込まれてあると本当に思う。)

パワーメーターを否定しているのではなく有意義に出来るか否かは使い手次第。これは道具全般に言える事よね。

ウェアが異常に臭いんだ

f:id:kontaro0321:20190527113020j:image

最近の気温の上昇はちょっと厳しいものがある。特にヒルクライムしてると風もないし頭が沸騰しそうになるね。空気吸っても温いと息苦しいし(;'∀')

とまあ、来るべきヒルクラシーズンに向けてボチボチ練習だけはかかさずに行ってるわけだけども、ほぼ毎日乗るから毎日ウェアを着る。朝練のあと着替えてなんてしてると1日で2セットを使う事も多々ある。なぜ2セット使うのか?汗をかくから?シャワーを浴びるから?否!臭うからである。

 

1シーズンごりごり使ってきたウェアは大抵タンパク質が繊維内に残り匂い菌の餌となり、悪臭を放ち出す。洗濯終わりは柔軟剤や洗剤の匂いに誤魔化され、奴らは姿を一時的に潜ませるが、濡れると途端に活気付く。悪臭のお出ましだと肩で風を切るかのごとく現れる。

 

一度臭くなったら最後、繊維が擦り切れるまで奴らの恐怖はそこに潜んでいる。

 

俺が臭いのか、服が臭いのか、もう加齢臭な年齢なので悩んだ。で、新しいインナーキャップとインナーで試してみることにした。

ちなみにインナーキャップはおたふくのコレを使ってる。

レーニングメインなのでサイクルキャップという小洒落たな選択肢はもうないwシンプルイズベスト😂

 

インナーもおたふくが安い。

時期外れだが冬は裏起毛のものがとても暖かい。

これで臭くなれば俺が臭い。そうでなければウェアが臭い。

 

結果は後者だった。新しいものは大体抗菌処理されてるし臭くなりにくいってのもあるけど全然違う。

 

とゆうわけでコイツらをまとめて煮込んでやる事にした。

 

とはいえ化繊を高温で煮ると縮んだり痛めたりするらしいので42℃程度のお湯で行う。酸素系漂白剤のオキシは常備してあるのでふんだんに投入して素手で揉み揉み。

唐揚げ美味しく作るなら揉み揉みー♪ってCM思い出したよ。関係ないけど。

f:id:kontaro0321:20190527113046j:image

f:id:kontaro0321:20190527113104j:image

ある程度揉んだらあとは付け置き。臭いの大元である繊維奥の皮脂汚れを取り除きつつ匂い菌を抹殺する。これで改善されたら万々歳。

 

小一時間ほど付け置いたら洗濯機へどーんと放り込み洗剤のみで洗濯。洗い上がりはいつもと変わらず。ただ、汗をかけば結果はわかる。マジですぐ臭くなるから。

 

こんだけ自身を臭い臭いと言うと一緒に走ってくれる人いなくなるんじゃないか心配だわ。だってトレインとか組んでると前走者の洗剤の匂いとかめっちゃ感じながら走るやん?こんたろーの後ろめっちゃゴリラ臭するけどアレやばくない?って言われてるんじゃないかって心配で夜しかぐっすり寝られない😩

f:id:kontaro0321:20190527113209p:image

証拠の睡眠ログをば🤔

まあアレか?レースだとドラフティングに入られないように背中にクサヤとかを入れておくと良いのかもな🤔なんて卑屈な妄想してないで練習します。

 

で、結果はどうだったかというと、臭い100%のうち95%くらいは改善されてる。また徐々に臭くなりそうな感じはしてるけど当面は大丈夫そう。1シーズン使ったらこの儀式をやるって感じにしておけば問題なさそうだ。

自分のウェアは大丈夫か気になる人はぜひ一度お試しあれ(^^)/

 

キャットアイが選ばれる理由

f:id:kontaro0321:20190513112333j:image

 

早朝や夜練なんかをやってるとライトにお世話になりっぱなし。電池式の便利さを推してたけどここまでの頻度になると毎日充電のほうがエコ。

 

真っ暗闇な田舎の農道や海沿いの道を40km/h以上出して走り抜けるわけなのでライトは優先順位の最高ランクなアイテム。

 下手な中華ライトは安くて、そこそこ明るいけども直線的な明るさで言うとやはりキャットアイのVOLTシリーズが一番。(当社比)人にライト何買えばええです~?って聞かれたらVOLT800を推す。

 

夜練の時はVOLT800のハイパーコンスタントモード(200lmの点灯に800lmの点滅が加わったモード)で路面の様子は見えるし、対向車にも認識してもらいやすくなってる。(個人の見解であり、メーカーとしては昼用のモードなので夜は400lm以上の点灯を推奨)

各VOLTのランタイムの比較表は下記にまとめているので参考までに。あとルーメン値が同じでも光束の集約性っつーのかな?そのせいなのかルーメン値は同じでもキャットアイは一番明るく感じる。なんてったって予備バッテリーを持っておけばサクっと交換できちゃう便利さも推しの理由の一つ。

kontaro0321.hatenadiary.jp

 

リアライトはrapid X2を使ってるけど、オートライトな下記のものがリーズナブルなお値段。明るさで言うとボントレガーのリアライトが最強だと思うけど、実用性と値段で言うとキャットアイかな。

で、なんでこんなキャットアイが良いなんて皆が知ってる当たり前な話をするかっていうと、キャットアイ製品って購入から2年間保証があって無償修理してくれるっての皆意外と知らなくない?って言いたくてw

 

https://www.cateye.com/data/resources/warranty%20service.pdf

 

自分はリアライトが接触不良で使えなくなっていたんだけども、このPDFを見てものは試しに修理依頼してみようと、ダメなら別に仕方ないかって感じで修理を依頼。

 

事前にメールか電話で修理依頼をする流れなのでいきなり送り付けないように。修理依頼表に依頼連絡の有無、連絡時の担当者の名前の欄があるからよっぽどの人じゃない限り大丈夫だろう。

店舗購入ではなくamazonで購入しており、購入履歴から2年以内(ギリギリ)だったので購入履歴頁を印刷し、修理依頼表とライトと同梱して発送。

1週間程度したらさっそく修理完了して戻ってきた。注意が必要なのは購入から2年間が保証範囲で修理したからって保証は伸びない。そこまで図々しい人はいないと思いたい。

 

こんなサービス考えたらやっぱり国内メーカーってすごいなって思うわけ。保証期間なんて当たり前って思ってる日本人は多いけどね。性能、品質、サービスを兼ね備えたキャットアイユーザーで良かったと思った今日この頃。

 

www.cateye.com

 

シクロクロッサーに憧れて

こんなオッサンの独り言みたいなブログに一日500件ほどアクセスがあるので皆何を見てるんだろうと不思議になる。相当暇かスマホを子供が触って誤アクセスを繰り返しているのだろう。きっと。

f:id:kontaro0321:20190510104200j:image

JBCFシーズン開幕してるけど、そんな最中シクロクロスを購入した。
まあなんせバイクコントロールが恐ろしく下手で、シクロのトレーニングはクリテのトレーニングに繋がるとはるそめさんも言うてたし(勝手な解釈)

www.harusome-roadbike.com


四国はシクロのレースもそこそこ行われているようだし、やらない手はないと踏み切った。

本来であればディスクブレーキ搭載のロードバイクが欲しいところだが、バイクの価格高騰についていけず尻込み。
今のところ将来的にTTもこなせるエアロロードが欲しい(ヴェンジとかヴェンジとかヴェンジとか)がそれはエンジンが50ccからせめて250ccになってからでも遅くはない。今の機材を言い訳に勝てないならレースなんてやらない方が良いと常々思ってる。

 

で、話を戻して購入したのはOnebyESU のJFF#805Z。アルミのディスクシクロバイク。

www.cyclocross.jp

元々、いつも行ってるショップ(よく来て世間話をするだけで実際一度もそのショップで買ったことない客は私だ)でフォーカスのマレスの在庫品があったので話を聞きにいったらば、サイズ的に問題ないけど、これから長く遊ぶなら現行のディスクブレーキ仕様のフラットマウントのバイクが良いんじゃないか?って話になった。

 

ディスクブレーキには今のロードバイクなどで採用されているフラットマウントと、台座マウントの二種類があるらしい。
後者はより大きなディスクを装着できるらしいけど現在の主流はフラットマウント。行く行くはロードバイクとホイールを共用する為にもフラットマウントがええなとなったわけ。細かく言うとスルーアクスルとかその辺りの規格も年々変化しているので注意が必要。

 

アルミかつフラットマウントで油圧ブレーキというのが絶対条件。となると新型のマレスかジャイアントのTCXあたりが無難。
完成車で価格も抑えめ。ただジャイアントのTCXは結構被るのでいきなり塗装屋で塗装しちゃっても良いかもなんて話も出る。(この話も結構乗り気だったw)
ただ最後にさらっとパンフで見せてもらったJFF#805Zに一目ぼれをしたという。ビビビって来たよねマジで。

で、よくよく話を聞いてると56さんが全日本CXマスターズを勝ったバイクでもあるって事もありもう完全に購入モードになってたwww
ただフレーム売りの為、バラ完になる。これが結構高くつくけど、最初から大事な部分は拘ったものをつけておけば後で無駄な買い替えは抑えられるとしてポジティブに消化した。
コンポはスラムではなく我らがshimanoの105。なんか105って武骨な格好良さを感じるんよなー。アルテだと格好つけすぎてるっていうかw
フロントギアはウルフトゥースのシングルギア。(FD分の値段浮かせたかったのもあるw)

 

ホイールはチューブレスを履けるってのが大前提。ショップの店長もコンポとかどうでも良いからココだけは拘れとの事。
でDTswissの中級ホイールをば。1ランク上にスターラチェットのホイールがいたが自分の脚ではそんなの使いこなせないだろうとw

タイヤはIRCのブロックタイヤ(詳細は忘れたw)。

たぶんコレ。

実際触ってみると空気圧低くてブヨブヨwこれで大丈夫なんだろうかという不安しかなかったが、いざ走ると快適そのものだった。
ペダルはクランクブラザーズのキャンディ2。

shimanoSPDでもよかったが泥つまりを回避するならクランクブラザーズと推しを頂いたので。

ハンドルとかサドル、クランクなんかは余り物をペッとつけた感じだがまあ問題ないだろう。

f:id:kontaro0321:20190510104658j:image

車重は9kg前後だと思う。多分。思ったより全然軽い。ただギアの設定間違えたw42tと後ろ11-28tでは山を登るとまあまあ死ねる。
オフ車って結構脚を回すイメージなのにロードよりケイデンス低く登る羽目になってしまったwまあええか。

バイクは整ったので後は練習あるのみ。ロードの高強度練の中日はシクロの日にして基礎練をやっていきたいなと思う次第。

大永山サミット2019

f:id:kontaro0321:20190508092120j:image

うちの市内には17km弱で1000m超UP級の山が市街地そばにある。道は綺麗で広く、交通量も少ない。この山の名を大永山と言い、我がチームの名前の由来となっているわけである。

 

が、こんな素晴らしいトレーニング場所があるにも関わらず年間数本しか登らないのが現状w(ヒルクライム、マジ辛い…)今年はまだ一回も登頂できていないので登るキッカケを探していたところ、先日大阪の峠13氏にとんでもないタイムを叩き出される。

toge13.com

(このかたのブログは読んでてすごく面白いので是非に)

 

これは地元ローディの沽券にかかわる由々しき事態だなと知り合いのヒルクライマーに声をかけた次第。(本当は順番が違うけどそういう事にしておこう、うん)総勢20名。揃いもそろって暇人がゾロゾロと集まってきやがった(かなり失礼)

f:id:kontaro0321:20190508092131j:image

※顔消し面倒くさくて省きました、、、削除依頼は連絡くだちい😭


中でも松山BIG3(勝手に命名)のヒロさん、うめさん、I谷名人。今治から猫さん。この辺りはKOM獲得を命題に走っていただく。
そして新居浜からは山王マーサル、鉄人あまちょさん、巨人てっぺー兄貴のCR3Wの圧倒的布陣で迎え撃つ。

本当は大永山から本庄さんとゆうきを送り出すつもりだったが前日の落車によりDNS…かと思ったら集合時間に現れるゆうきw
あの凄惨な落車の翌日に走るなんて不死身としか言いようがない。歯は相変わらず痛い様子なのでボチボチで走るそう。(そういやシューズのBOAも壊れてる状態だったよな…(;゚Д゚))

他にも県内ガチ勢なメンツが集まって走るので6~7人パックで2分置きのスタートとした。が、どの集団もほとんど即崩壊したようだ。
先ずは一番遅い組(C組)の自分たちがスタート。マイントピアまでにパック崩壊w皆協調するより各々のペースで登頂を目指す。
途中までゆうきを追いかけて突っ込み気味のペースだったが、三連トンネルあたりからサイクリングに切り替えるw

久しぶり(半年以上ぶり?)に10分以上の登りなのでスタミナとか使う筋肉が違いすぎて辛い。立ち止まりたい…もう帰りたい…ってずっと考えてたわ。心拍が高いまま走るってのもヒルクラならではな気がする。平坦なら後ろ下がって休めるし…走り方が全く違うなと改めて実感。


ヘアピンを過ぎたあたりだったかな?第二班(B組)のてっぺー兄貴とテツさんに追いつかれる。てっぺー兄貴はそのままペースを緩めずに前へ前へ。
相変わらずあの高身長、体重で恐ろしいスタミナだ。そして気持ちも強いし、皆に優しい。あんまり褒めすぎると気持ち悪いのでこのくらいに。

置いて行かれたテツさんと緩々上る。後ろからにゅうさんも合流したくらいに第三班(A組)のI谷名人がもの凄い速度で駆け抜けて行った。
流石のてっぺー兄貴も「これはついていけない!」と思ったことがそのまま口に出てしまうほどの勢いだった。
その後、間もなくうめめ様が排気音を上げながら追い上げていく。この呼吸の苦しさで最後まで持つってのがクライマーの凄いところよな。うめめ様の後にまーさる。しんどいよーと言いながら笑顔で抜き去っていく。

こちらはペースを変えずにニコニコペースで登る。最後のつづら折れ手前付近でヒロさんに抜かれる。それを追うように猫さんが続く。
ほんとこの人達すごいペースで登ってるのにタフすぎる…。第三班は本気度が違うぜ。

でもってつづら折れの終わりでテツさんとにゅうさんに残り500mくらいラストスパートっすって声かけしてアリバイダンシング。
もう50分経過してるし頑張っても仕方がないけど、せっかく脚も残っているのでね。ゴール。51分30秒くらい。糞ザッコ(ノД`)・゜・。

ゴール場所では座り込んで反省会。I谷名人43分台を叩き出し見事KOM奪還。うめめ様とマーサルも45分前半で県内勢の123を独占という状況になった。
f:id:kontaro0321:20190508092221j:image

寒くなってきたので下山し、二つ目の峠「味のさつま峠」に有志で向かうwI谷名人はさつまと伝えたら43分のタイムをだした事よりも興奮していた。

https://www.facebook.com/ajinosatuma/

 

山根公園から10分弱移動。さつま丼ミニを11人で注文。店主のおっちゃんからごはんのジャーが空になると心配されるw
自分とヒロさんと天狗さんがノーマルミニで、あとは各々ご飯の量を8割、6割で調整していく。

f:id:kontaro0321:20190508092247j:image

この迫力である。

写真じゃ伝わらないのでぜひ一度行ってほしい。ひばり食堂が可愛く見えてくる。

f:id:kontaro0321:20190508092311j:image

平均斜度キツめの峠を駆け込む松山BIG3

気を良くした店主のおっちゃんが全員分のうまい棒をくれるw
超級峠を越えたクライマー勢はうまい棒を手に沈黙しか出来ない様子だった。FWR(フードウェイトレシオ)で言うとヒロさんが7倍は出していたな。

満腹になったので各々解散。無事故で解散これが一番のお土産なのだといつも思う。